FC2ブログ

5月の連休についてのお知らせ

お知らせ

5月は連休が入りますので、5月3日~5日分の入金の確認及び発送手続きと
発送は、連休明けとなりますが、ご注文やお問い合わせの方は年中無休で承っております。また令和の年も、どうぞよろしくお願い致します。


■お知らせ

お待たせしておりましたナチュラサンテを新しくオープンしました。

こちらをクリックして下さい

ナチュラサンテ

こちらからはフランスの自然療法という事で、エルブエトラディッション精油やアルジレッツクレイ、ジェモセラピーやマザーチンキをお届けします。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*. *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....

*再リニューアルのフラワーエッセンス日記とアロマテラピー日記

セルフヒールス通信

オレンジリーフアロマ便り


■お知らせ



★自然療法ナチュラルページでは、
英国よりアロマ、フラワーエッセンス、ホメオパシーやティッシュソルトなどの個人輸入代行を致しております。


只今のところ未着は1件も起こっておりません。

*またメールの返信は一両日中に行っておりますが、
届かない場合は今一度迷惑フォルダに振り分けられていないかをご確認下さい。
メールが返信されない場合、お問い合わせからお知らせ頂けると助かります。


●英国エインズワース社レメディキットやフラワーエッセンスご購入はこちら→フラワーエッセンスの森

●アロマエッセンシャルオイルKOBASHIのご購入はこちらから→オレンジリーフアロマショップ

●世界のフラワーエッセンスご購入はこちら→セルフヒールス


スポンサーサイト

今後も・・・

今後も、やっぱり父の左目は要注意ですね。

今日、急いで、地元の別のS眼科に行ってきたのですが、

もし、連休中でも急におかしい状態になったら、紹介状を書いてもらって、すぐにK大に行くようにして下さいって事でした。

(あ~でも、眼科には父の水晶体脱臼の時の執刀医だったI先生はもういないのだけどね~)

来月は、セリ市だし、牧草ロールの事もあるから

ちょうど忙しくなる時期に入るし

この時期だけでも、無事に何事もなく過ぎる事を祈るが・・・

どうなるやらねー

そもそも、去年の首から上の帯状疱疹っていうのがねぇ~・・・・・

首から上の帯状疱疹って当たり前のように目にも悪いんだけど

これになった・・・・という事からも、身体の状態は良いコンディションにあるとは言えないと思いますが・・・

まぁ、色々言ってもねぇー

今後もなるようにしかならないと思いますが・・・・

すぐに入院手術じゃなかったから、本人元気そうですが・・・・(爆)

■お知らせ

お待たせしておりましたナチュラサンテを新しくオープンしました。

こちらをクリックして下さい

ナチュラサンテ

こちらからはフランスの自然療法という事で、エルブエトラディッション精油やアルジレッツクレイ、ジェモセラピーやマザーチンキをお届けします。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*. *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....

*再リニューアルのフラワーエッセンス日記とアロマテラピー日記

セルフヒールス通信

オレンジリーフアロマ便り


■お知らせ



★自然療法ナチュラルページでは、
英国よりアロマ、フラワーエッセンス、ホメオパシーやティッシュソルトなどの個人輸入代行を致しております。


只今のところ未着は1件も起こっておりません。

*またメールの返信は一両日中に行っておりますが、
届かない場合は今一度迷惑フォルダに振り分けられていないかをご確認下さい。
メールが返信されない場合、お問い合わせからお知らせ頂けると助かります。


●英国エインズワース社レメディキットやフラワーエッセンスご購入はこちら→フラワーエッセンスの森

●アロマエッセンシャルオイルKOBASHIのご購入はこちらから→オレンジリーフアロマショップ

●世界のフラワーエッセンスご購入はこちら→セルフヒールス


令和の年に香る精油の世界

令和とKOBASHIの精油ってなんか波長的に合う感じがする・・・・。これ不思議・・・

日本でもアロマテラピーが根付いてどのくらいでしょうか?
随分と時間が流れたと思います。20年以上ぐらいですよね、たぶん・・・。

一通りのアロマブームも過ぎ去った今だから、かえって面白くなるのかもしれません。
アロマの世界の深みが増すのはこれからですよねぇ~。ローズオットーの世界観のように

自然療法の中でも、アロマテラピーってやっぱり『香る』から興味深い訳。

香りはアート、文化だからいいのよねぇ~

療法という事だけでなく、ナチュラルパフュームで色んなモノに創香できるのも面白いと思う。

人工香料にはできない事がある。

アロマテラピーの世界は生き物なんだと思う。

KOBASHIのアロマの世界はマニアックな部分もあるから面白いよ。

例えば、ベチバー

ベチバーは時間の経過とともに熟成される精油の1つです。

通常、酸化や時間の経過は物質にとってよくない方向に働く事もあるのですが、

精油の世界は必ずしもそうではないところがあって

ベチバーやサンダルウッド、パチュリー、フランキンセンスなどは別で、経時変化する事で、よくなる精油です。

経年劣化ではなく、熟成されるという、これこそ自然界の香りが生き物でもある証拠みたいな精油で、
(だからベチバーはゲランのミツコのベースにも使われていたりもしているのかなぁ)

KOBASHIのベチバーはヴィンテージレベルのもので、2004年9月9日のものです。
ベチバーは蒸留の時間もとても大切なのだそうです。

日本だとアロマテラピーの世界で

ヴィンテージエッセンシャルオイルのカテゴリーまでは特に扱いはなく、

ただのベチバーやパチュリ、シダーウッド、サンダルウッドなどとしてアロマショップで販売されていますが

海外だとナチュラルパフューマー向けという事もあるのか

ダークエイジ2008年ものパチュリとか、2009年ものベチバーとか、

ワインとかのお酒みたいに、

何年ものみたいな感じで取り扱っているところもあります。

KOBASHIのベチバーもそのうちの1つです。

・・・・でオレンジリーフさんは、このベチバーで手作りのお香とかを作るのですが、確かに素晴らしいものができあがります。

やっぱり、香りの世界は、グレートだわ~

新しく令和の年にお香を作って薫らせるのも良いかも~って思います。

もちろんフラワーエッセンスを入れてサトルアロマテラピーなお香を作ることもできるので

皆さんも、ぜひトライしてみて下さいね~


■お知らせ

お待たせしておりましたナチュラサンテを新しくオープンしました。

こちらをクリックして下さい

ナチュラサンテ

こちらからはフランスの自然療法という事で、エルブエトラディッション精油やアルジレッツクレイ、ジェモセラピーやマザーチンキをお届けします。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*. *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....

*再リニューアルのフラワーエッセンス日記とアロマテラピー日記

セルフヒールス通信

オレンジリーフアロマ便り


■お知らせ



★自然療法ナチュラルページでは、
英国よりアロマ、フラワーエッセンス、ホメオパシーやティッシュソルトなどの個人輸入代行を致しております。


只今のところ未着は1件も起こっておりません。

*またメールの返信は一両日中に行っておりますが、
届かない場合は今一度迷惑フォルダに振り分けられていないかをご確認下さい。
メールが返信されない場合、お問い合わせからお知らせ頂けると助かります。


●英国エインズワース社レメディキットやフラワーエッセンスご購入はこちら→フラワーエッセンスの森

●アロマエッセンシャルオイルKOBASHIのご購入はこちらから→オレンジリーフアロマショップ

●世界のフラワーエッセンスご購入はこちら→セルフヒールス

KOBASHIのおススメ精油はなんといっても柑橘系水蒸気蒸留法

今年もKOBASHIの柑橘系水蒸気蒸留法は人気です。

レモン水蒸気蒸留法  産地 スペイン
ベルガモット水蒸気蒸留法  産地 カラブリア
グレープフルーツ水蒸気蒸留法 産地 カラブリア
オレンジ水蒸気蒸留法  産地 カラブリア
そしてKOBASHIのライムも水蒸気蒸留法です 産地 メキシコ

光感作及び光毒性のない水蒸気蒸留法で産地も良く(ほとんどがヨーロッパ)
品質も良い柑橘系水蒸気蒸留法のものを揃えているのは

そうそう無いのではないのでしょうか?

柑橘系のエッセンスの産地は、最近だとブラジル、イスラエルなども多いのですが、

KOBASHIのものはヨーロッパです。

しかも、ベルガモットで有名なイタリアのカラブリア

非常にいい場所です。コロンに使われたほどの芳香を持つベルガモットなのですから、
その作物が育つ『土壌』が何より大事です。
産地はダテに産地ではないのだと思います。

その場所には、KOBASHIも大切にしている概念の『気』が宿っているのだと思います。

フランスのワインのテロワール

テロワールとは、場所、気候、土壌

ワインに使われるブドウを取り巻く自然環境の事ですが

そう、この中に、全てが凝集されています。

標高、気候、斜面への太陽光の当たり方、方位、風、湿度、気温、降水量、土壌の微生物環境etc,etc,

たぶん、まだ、まだ考えると、たくさんの要素が含まれています。

テロワールは、ワインでよく言われている用語ですが、もちろん、
これはワインに使われるブドウに限った事(話)ではないと思います。

欧州の柑橘系エッセンスやエッセンシャルオイルは、生産量は、それほど、多くはないかと思います。

だからこそ、貴重かと思います。

ぜひ、一度使ってみて欲しいと思います。


■お知らせ

お待たせしておりましたナチュラサンテを新しくオープンしました。

こちらをクリックして下さい

ナチュラサンテ

こちらからはフランスの自然療法という事で、エルブエトラディッション精油やアルジレッツクレイ、ジェモセラピーやマザーチンキをお届けします。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*. *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....

*再リニューアルのフラワーエッセンス日記とアロマテラピー日記

セルフヒールス通信

オレンジリーフアロマ便り


■お知らせ



★自然療法ナチュラルページでは、
英国よりアロマ、フラワーエッセンス、ホメオパシーやティッシュソルトなどの個人輸入代行を致しております。


只今のところ未着は1件も起こっておりません。

*またメールの返信は一両日中に行っておりますが、
届かない場合は今一度迷惑フォルダに振り分けられていないかをご確認下さい。
メールが返信されない場合、お問い合わせからお知らせ頂けると助かります。


●英国エインズワース社レメディキットやフラワーエッセンスご購入はこちら→フラワーエッセンスの森

●アロマエッセンシャルオイルKOBASHIのご購入はこちらから→オレンジリーフアロマショップ

●世界のフラワーエッセンスご購入はこちら→セルフヒールス

アロマテラピーの世界

地味にやっているオレンジリーフアロマショップですが、
今年はなんとなくアロマテラピーが熱いかもしれない?と思ってしまいます。

気のせいかもしれませんが・・・・(苦笑)

新年からはじめるアロマテラピーも良いですよね~。

アロマテラピーも一時期のブームは過ぎ去っているのかもしれませんが、
やっぱり香りの世界は奥深いと思います。

アロマの世界から、一度離れた人も、二度離れた人も、リターンしてきても、さらに奥深さが増す世界ですし、
手作り化粧品やルームスプレーやお香すらも手作りで作れるというアロマクラフトなどもできるので、
何か始めてみよう!と思われる初心者の方にも最適です。

地球という過酷な環境の中で、
その植物が生きてきた世界観が香りの世界に反映されるのが面白いんじゃないのかなぁ~と思います。

だってその年のロットのエッセンシャルオイルやエッセンスは、その瞬間にしかできない香りの世界ですから、
二度と同じものは無い訳です。

人工の香りの世界だと調整が入りますが、
天然だと、その年の気候だとか、太陽の光の波長とか、日照量とか、風とか、雨とか、温度とか
栽培だと、人の手が入るので、どういうところで、どんな風に育てられたのか?とか

それを育てている人や蒸留者がどんな気持ちで植物に接してきたのか?とか

収穫も手摘みなのか、機械で刈り取られたのか?とか、

蒸留も銅製の蒸留窯なのか、それともステンレス?とか、小さいところだとガラス製もありかも?とか
(ちなみに銅を通る事で、ものすごく美しいブルーになったりするものもあるよう・・・こういう変化も面白いと思う)

もう無数の要素がそのエッセンシャルオイルの世界に反映されるというかと思うと

単なる香りの小瓶とかって事では決して測れない世界がそこに広がっているんだなぁと思います。

アロマのエッセンシャルオイルを嗅いだり、
トリートメントで使う事で、それがバイブレーションとしてその人に伝達される。

こういう事を鑑みると、やっぱりプロの方ほど、どこのでもいい訳ではない!となるのも当然かと思います。

アロマテラピーの世界では単なる香りの合成品では期待するような結果は得られる事は無いのですから・・・。

そういう意味では市販のデオドラント製品とかフレグランスや香水の世界とは違うアロマテラピー独自の世界観だと思います。

アロマテラピーは
そんなに難しくはありません。

ちなみにもし何からどうしたらいいのか、一切、分からない方には、

アロマテラピーの教科書という本を手にとって下さい。




危険性や注意点も分かりますし、
お値段も高くないですから、最初の1歩は、こういった書籍を参考にしても良いかもしれません。

知っているようで、知らないアロマの世界、改めて覗いてみませんか?


■お知らせ

お待たせしておりましたナチュラサンテを新しくオープンしました。

こちらをクリックして下さい

ナチュラサンテ

こちらからはフランスの自然療法という事で、エルブエトラディッション精油やアルジレッツクレイ、ジェモセラピーやマザーチンキをお届けします。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*. *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....

*再リニューアルのフラワーエッセンス日記とアロマテラピー日記

セルフヒールス通信

オレンジリーフアロマ便り


■お知らせ



★自然療法ナチュラルページでは、
英国よりアロマ、フラワーエッセンス、ホメオパシーやティッシュソルトなどの個人輸入代行を致しております。


只今のところ未着は1件も起こっておりません。

*またメールの返信は一両日中に行っておりますが、
届かない場合は今一度迷惑フォルダに振り分けられていないかをご確認下さい。
メールが返信されない場合、お問い合わせからお知らせ頂けると助かります。


●英国エインズワース社レメディキットやフラワーエッセンスご購入はこちら→フラワーエッセンスの森

●アロマエッセンシャルオイルKOBASHIのご購入はこちらから→オレンジリーフアロマショップ

●世界のフラワーエッセンスご購入はこちら→セルフヒールス